環境

竹本容器は、地球環境に配慮し、持続可能な成長を実現します。
3R(Reduce,Reuse,Recycle)を基本方針とし、リサイクルPET、バイオ材料を使用した製品開発、
詰め替え容器、付け替え容器、軟包装材の開発を行っております。

4つの環境テーマ

リサイクルPET

①リサイクルPET

使った資源をさらに再利用するために。
使用済みボトルを原料とした容器を製造し再生品化へ。

地方自治体により回収された飲料用PETボトルを、分別・粉砕・洗浄したものを原料としています。
日本で回収された飲料用PETボトルは、品質が高く、海外からも注目されている原材料の一つです。
消費者の手で分別されたPETボトルを、新しい容器として提供していく、わかりやすいエコの取り組みです。

バイオポリエチレン・バイオPET

②バイオマスプラスチック (バイオポリエチレン・バイオPET)

限りある石油資源の消費を抑えるために。
石油資源を原料としない原材料の使用。

サトウキビを原料とした、植物由来のプラスチックです。
サトウキビから砂糖を抽出した後の残った部分を原料としているので、食料との競合がありません。
また、限りある化石資源の使用量低減につながります。
サトウキビが成長する過程でCO2を使用するので、石油由来の樹脂に比べ、CO2排出量低減効果もあります。
人にも地球にも優しい製品です。

付け替え・詰替え容器

③付け替え・詰替え容器

資源の消費を抑えるために。
繰り返し使用可能な容器や廃棄時の減容化が可能な容器の開発。

ひとつのボトルを繰り返し使用することで、プラスチックの消費量を抑制し、
内容物を使用後のボトル廃棄量も抑制する、二つの視点から環境を配慮した製品です。

④ECO2

温室効果ガスCO2の発生を少なくするために。
代替え原材料の起用や焼却時のCO2排出量を削減出来る容器の開発。

地球温暖化の一要因として考えられている二酸化炭素(CO2)の発生量抑制に、
プラスチック容器メーカーとして取り組める事はないかと考え、製品化したシリーズです。
プラスチック容器は、デザイン性、加飾性等の特性から、幅広く用いられる一方、短命かつ焼却処分される割合の高い消費財でもあります。
そこで、焼却されるプラスチック容器の燃焼過程に着目し、焼却時に発生する二酸化炭素の量を抑制する添加材を導入しました